大切な髪の毛を守るならノンシリコンシャンプーがおすすめ

ウーマン

白髪をコーティング

中年女性

染めながら美髪に

昨今では、カラートリートメントを使って白髪染めをする人が増えてきています。カラートリートメントとは、色のついたトリートメントのことで、シャンプー後に使用することで白髪染めができます。一般的な白髪染めは、染料を白髪に染み込ませるというものなのですが、この場合は染み込むことで代わりに水分が抜けていき、白髪がパサついてしまうことがあります。しかしカラートリートメントの場合は、染み込むのではなく白髪をコーティングします。そのため水分はむしろ閉じ込められるようになりますし、キューティクルの穴が埋められることで、白髪はつややかな状態になるのです。手軽に染めることができる上に、美髪にすることができるため、カラートリートメントは話題となっています。

継続的な使用が必要

ただし、しっかりと白髪染めをするには、カラートリートメントを3回ほど使うことが必要となります。カラートリートメントは、髪や頭皮を労わる低刺激な成分で作られているので、その分染める力もマイルドなものとなっているのです。また十分に染まった後も、その色合いを保つためには、数日おきに使用することが大事です。白髪の中に染料が染み込んでいるわけではないので、シャンプーを使用するたびにコーティングがはがれてしまうからです。そのため、こまめに追加でコーティングする必要があるわけです。ただし、カラートリートメントを白髪になじませた後に、ヘアキャップなどで髪全体を包んで30〜60分ほど待つと、よりしっかりとコーティングされます。つまりはがれにくくなり、色合いやつやが長持ちするようになるということです。